« 熱海 わんたんや | トップページ | 修善寺 あさば ① 能舞台など »

2006年10月10日 (火曜日)

熱海 起雲閣

  200610_012

熱海の起雲閣は大正8年に別荘として建てられ、昭和22年から平成11年までは旅館として営業していました。
その後、熱海市によって指定有形文化財として一般に公開されるようになりました。

10年以上前に起雲閣に泊まりましたが、手入れされた庭とクラシックな館内が印象的な素敵な旅館でした。
廃業するのを聞いた時にもう1度泊まりたいと思ったのですが、それは叶いませんでした。
今回熱海で時間があったので、寄ってみることにしました。

200610_004  200610_027

200610_005 200610_008

200610_007 200610_009 200610_015

暖炉の上に仏像?
館内はなかなか和洋中折衷というか、とりあえずお金をかけてあれこれ寄せ集めたようななんでもありの渾然一体の不思議な空間となっています。

200610_003 200610_010

200610_028 200610_020 200610_022

秋になったらいっそうきれいでしょうね。
場所もいいし、少し手入れをすればまだまだ旅館として営業できそうなのに・・・
こういうところにこそ再生プロジェクトが入って欲しいものです。

200610_034

起雲閣
静岡県熱海市昭和町4-2
TEL0557-86-3101
休館日/水曜日

|

« 熱海 わんたんや | トップページ | 修善寺 あさば ① 能舞台など »

コメント

クラシックホテル、言われて考えてみると、実際には殆ど泊まっていないことに気付きます。
旅の途中でお茶するくらいで。どうしてだろう、不思議。
でもその風景とかを見るのはすごく好きなんです。
東京でも普通の住宅街に古い洋館があったりしますが、そういうのを散歩の途中で見つけたりするのがすごく好き。
今でも、古い洋館を見つけるとワクワクします。
子供の頃はそういう家に住むことに憧れたけれど、大人になってからは住みたいとは思わない。
やっぱり快適さを求めてしまうから??
クラシックホテルになぜか泊まらないのはそんな気持ちがどこかにあるからなのかなー。
考えたことなかったですが、そうなのかな。。。
若い頃はクラシックホテルに泊まることにすごく憧れたのに、せっかく泊まれる年齢になってきたらそれを忘れているなんて。
自分の中のロマンが薄れてしまっているのかも。

投稿: hiyoko | 2006年10月12日 (木曜日) 20時43分

hiyokoさん、こんにちは。
hiyokoさんはクラシックホテルはお好きですか?
私は結構好きで以前はあちこち泊まったりしてました。

投稿: もたろう | 2006年10月12日 (木曜日) 13時57分

もたろうさん、こちらに宿泊されているんですね!
私は残念ながら宿泊はしていませんが、3年位前に訪れました。
こういう昔の邸宅、すごく好きなんです。
いい建物がどんどん取り壊されて、本当に残念と思っているのですが、最近ようやく保存する方向に少しずつ変わってきているのでうれしいです。
ただ、保存・公開だけするのではなく、もたろうさんがおっしゃるように再生プロジェクトによって、また利用できるようになったらもっといいですよね。

投稿: hiyoko | 2006年10月11日 (水曜日) 13時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42371/3743571

この記事へのトラックバック一覧です: 熱海 起雲閣:

« 熱海 わんたんや | トップページ | 修善寺 あさば ① 能舞台など »