« ぱっぷHOUSE 渋谷本店 | トップページ | イル・ピノーロのソフト »

2006年7月10日 (月曜日)

曙橋 ラ・ヴィ・ドゥース

 200606_143  200606_144

バナナのタルト        フレジェ

甘いものはそれほど好きじゃないはずなのに・・・気がついてみればしょっちゅう食べているような。
お土産に買っていって結局一緒にいただいてしまったり、話題のケーキ屋を見かけたらつい買ってしまったり・・・・ケーキを買う行為が好きで、気がついたらケーキも良く食べてるという、ちっともケーキ好きじゃなくないじゃんという状態に。

ラ・ヴィ・ドゥースはとってもオーソドックスな味。

200606_139 LA VIE DOUCE
新宿区愛住町23-14ベルックス新宿ビル
TEL03-5368-1160
月曜定休

|

« ぱっぷHOUSE 渋谷本店 | トップページ | イル・ピノーロのソフト »

コメント

hiyokoさん、こんにちは!
すいません。
よく見ずにたいへんな勘違いをば・・・(笑)

手ブレ防止カメラですが、メーカーによっては
あまり効果がないと聞き、買い替えようかと
思ってましたが見送ることにしました。
でも私が撮ると手ぶれマーク出まくりです。。。

投稿: もたろう | 2006年7月14日 (金曜日) 13時22分

もたろうさん、早速来ていただいてありがとうございます!
すみません。
あのブログは夫(fukunoduke)がやっているものでして・・・。
私(hiyoko)はその妻(兼、ブログのPR担当?)であります。
あまりにも私があちこちに出没するものだから、hinokoのブログと最近は思われてしまっています。
大いに反省!
私も写真が上手ならなぁ~、でも、最近は手ぶれ防止のカメラも出てきているし、やってみるかなー。

投稿: hiyoko | 2006年7月13日 (木曜日) 21時57分

くろーばさん、トラックバックありがとございま~す。
そう、バッカスおいしいですよね。
完食は厳しいかもですが、好きですよ。
あとここでは、キャラメルプリンとモンブランが
好きです!

投稿: もたろう | 2006年7月13日 (木曜日) 17時19分

hiyokoさん、はじめまして!
お返事遅くなってすいません。
友人宅に遊びに行くときは「買っておいて」の
リクエスト、素敵です(笑)

早速ブログも拝見しました。
てっきり女性の方かと思っていましたが
男性なのですね。(すいません)

写真がきれいで素敵。
これからもよろしくお願いいたします♪

投稿: もたろう | 2006年7月13日 (木曜日) 17時17分

ここはチョコレート系がスキです。。

↓そう!バッカス!!

もたさんには甘いかなぁ?
最近、私自身、1個食べきるのがきつくなってきたので。。

投稿: くろーば | 2006年7月12日 (水曜日) 01時59分

はじめまして。
アマン系などアジアのリゾート関連で検索してブログに訪問すると、多くの方が「お気に入りのサイト」でこちらを紹介されていて、私も興味を持って来させて頂くようになりました。
私も今年初めてアマヌサに行ったのですが、その際はこちらも参考にさせていただきました。
ありがとうございました。

さて、ラ・ヴィ・ドゥース。
友人の家の近くでして、行くときにはいつもここのケーキを買っておいて!とリクエストしちゃいます。
「バッカス」がとても好きです。

投稿: hiyoko | 2006年7月11日 (火曜日) 16時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42371/2440025

この記事へのトラックバック一覧です: 曙橋 ラ・ヴィ・ドゥース:

» ラ・ヴィ・ドゥース。甘く過ごす日々。曙橋にて [東京無駄あるき食べあるき]
オレンジがテーマカラーの好調なお店。(と思う。) 400円台前半くらいのご予算でひととおりのケーキが揃ってます。 有名店としては、良心的なお値段と思います! 1コ食べたらじゅうぶんなサイズだし。大きさというか、見た目以上の重量感があるのです。とくにチョコレートをつかったものがお得意のようで、だいたいそういう店のご多分に漏れずヴァローナ社のものを使っているみたいです。 有名な品といえばバッカス(420円)。雑誌とかに良く出ているもの。濃厚な甘さながら、オレンジが絶妙にきいてます。 しかし..... [続きを読む]

受信: 2006年7月12日 (水曜日) 02時01分

« ぱっぷHOUSE 渋谷本店 | トップページ | イル・ピノーロのソフト »